整形したいのに両親が反対して困っている人は、親を説得する材料を用意すべき。: 多摩境周辺情報

2014年02月07日

整形したいのに両親が反対して困っている人は、親を説得する材料を用意すべき。

最近、ネット上の書き込みサイトや、知恵袋などのお悩み相談掲示板などで度々目にするようになった美容整形手術について。

  • どの部位を手術するか?
  • 費用はどれくらいか?
なんてことは、多くの人の悩みには入っていない。

もっと切実な問題は、整形に反対する両親や彼氏をどうやって説得するかなのだ。


人を説得・納得させることは実は大変難しい。特に反対している者を賛成させるのは至難の業といってもいいだろう。


まず、整形前に不利益を被っているのであれば、まずはその状況を認識することから始めるべきだろう。整形をしないことでどれだけ損をするかということが分かれば、できれば金銭に換算した場合、どれほどの損になるのかも明確になると分かりやすい。
次に、整形をすることで得られるメリットを、できるだけ沢山あげることこれもやはり、メリットを金銭ではかれるとすれば、いくらに換算できるのか数字で分かると比較がしやすい。
最後に、その説得がフェアなものであることを印象付けるためにデメリットをさりげなく付け加えると良いだろう。

説得する親は、両親をいっぺんに相手にするのではなく、一人ずつ攻略すること。相手も二人がかりだと思うと、勢いに乗じてドンドン整形をやめさせようと説得しようとしてくる。これは、逆効果になるので避けるのが無難だ。まずは、組しやすいと感じる方(例えばお母さん)を説得し、取り込むことができれば、次にお父さんを説得する際には、味方をしてくれるかもしれない。

一番よくないのは、何も考えずに説得を始めることだ。まずは、美容整形手術に反対する親を説得する方法をじっくり読み込んで、作戦を考えて欲しい。

あと、忘れがちなポイントとして、頭の中で説得の場面をイメージトレーニングすることをおススメする。
お母さんがこういってきたらどうしよう、とか想定しておくことで、その場では上手く切り返すことができるようになる。
posted by 管理人 at 11:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。