子供に尋ねられて困る意外な質問とは?: 多摩境周辺情報

2014年07月31日

子供に尋ねられて困る意外な質問とは?

子供に尋ねられて、どう返答すべきか悩んでしまう質問てありますね?

小学低学年の我が家でも、そんなシーンが増えてきました。


  • なんでお父さんは私を産んでないのに、私のことを自分の子供っていうの?
  • なんでお母さんはパンツのなかにティッシュを入れているの?


たいてい、こんな感じの性的な質問が多い。
けっこう、苦戦しています。


昨日は、ちょっと趣の異なる質問をしてきました。

我が家には15歳になる犬を飼っています。
まだまだ元気なんですが、さすがに夏の暑さにはぐったりしている・・・。

私。
「犬はね、人間よりもはやく年をとるから、この子は、もうスゴイおじいちゃんなんだよ」というと・・。

子供。
「じゃあ、ひいおじいちゃんだね!」
「ねぇ、ひいおじいちゃんでしょ。」


おじいちゃんがバージョンアップしたのが、ひいおじいちゃんだと勘違いしている我が子。

うーん、ちょっと違うんだよね。
おじいちゃんには、年をとれば誰でもなれるけど、ひいおじいちゃんには誰にでもなれるわけではない。

  • おじいちゃん
  • おばあちゃん
  • おじさん
  • おばさん

この、だれにでも使うことの出来る単語は、別の意味があるから注意が必要だと改めて思いました。

日本語は難しい、と言うか、子供ができなければ気づくことのなかった言葉です。
posted by 管理人 at 10:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。