日記: 多摩境周辺情報

2015年11月21日

農薬を使わないで作った青汁

父は長い間、青汁を飲み続けています。

毎日の運動も欠かせないとか・・・。
健康に気をつけて、あと5年くらいは生き続けたと言います。

当然、飲んでいる青汁にも多少のこだわりがあって、
無農薬栽培のいわゆる「農薬を一切使わないで作られた青汁」を選んでいます。

わたしもついつい、肉食が多くなって野菜の摂取が不足しがちです。
父に比べるとわたしもまだ若いので、多少の不摂生をしても、ただちに身体にガタがくるようではありません。

でも、まるで機械のように、決まったものを食べ、お酒をひかえて、
薬と青汁を決まって摂取するようにする。

ずっと続けていることには、頭がさがる思いです。

青汁はとくに、すでに加工されていて、洗ったり、加熱したりすることなく
そのまま口に入れるものだから、無農薬で安全な青汁を選ぶのが良いんでしょうね。

頑張って体にいい生活を送ってもらいたいところです。



posted by 管理人 at 17:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

年をとっても使われる人と、若手に切り替えられる人との差は?





上戸彩さんも、デビュー当初のキャピキャピしたイメージとは、随分キャラが変わってきましたね。

結婚もされたし、もう十分大人の女性としての魅力が備わっているのでしょう。
不倫する人妻を演じているドラマ、「昼顔 平日午後3時の恋人たち」も視聴率好調のようです。


IMG_2147.JPG

昔から上戸彩さんはアパマンショップの看板娘を担ってきていますが、不動産屋の前に立てかけてあるのぼりも雰囲気が大人っぽく変身。
年相応な写真になっています。スポンサーとタレント、長く付き合える良い関係は微笑ましいですね。

若い女の子じゃなければ使わない、というような会社ばかりでは困ります。

三井のリハウスさんは、リハウスガールと銘打って、若い女の子を取っ替え引っ替え。アパマンさんとは対照的なスポンサー。

別に、悪口じゃないです、単なる感想でした。
posted by 管理人 at 07:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

子供に尋ねられて困る意外な質問とは?

子供に尋ねられて、どう返答すべきか悩んでしまう質問てありますね?

小学低学年の我が家でも、そんなシーンが増えてきました。


  • なんでお父さんは私を産んでないのに、私のことを自分の子供っていうの?
  • なんでお母さんはパンツのなかにティッシュを入れているの?


たいてい、こんな感じの性的な質問が多い。
けっこう、苦戦しています。


昨日は、ちょっと趣の異なる質問をしてきました。

我が家には15歳になる犬を飼っています。
まだまだ元気なんですが、さすがに夏の暑さにはぐったりしている・・・。

私。
「犬はね、人間よりもはやく年をとるから、この子は、もうスゴイおじいちゃんなんだよ」というと・・。

子供。
「じゃあ、ひいおじいちゃんだね!」
「ねぇ、ひいおじいちゃんでしょ。」


おじいちゃんがバージョンアップしたのが、ひいおじいちゃんだと勘違いしている我が子。

うーん、ちょっと違うんだよね。
おじいちゃんには、年をとれば誰でもなれるけど、ひいおじいちゃんには誰にでもなれるわけではない。

  • おじいちゃん
  • おばあちゃん
  • おじさん
  • おばさん

この、だれにでも使うことの出来る単語は、別の意味があるから注意が必要だと改めて思いました。

日本語は難しい、と言うか、子供ができなければ気づくことのなかった言葉です。
posted by 管理人 at 10:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。